· 

やさしいお店を目指して出来る事。

「ミヤコヤさんってメガネやってたんだっけ?」

 

約2年前、よく知る方から言われた、衝撃の一言でした。
正直、悔しかった。自分の力不足を痛感したというか、発信が足りてないということを突きつけられたような感覚。
この時から「どうしたらいいんだろう?」って結構色々と考えるようになりました。
そんなきっかけを作ってくれたこの方には感謝しています♪

長く続く企業の怠慢

僕の働く「ミヤコヤ」という会社は結構長く続いている方だと思います。

地域の方から忘れられないように毎月何かしらの企画をしたり、長くやってるからか、周りの方からは「知らない人はいないでしょ」と言っていただけることもある。これは素直に嬉しいです。
ただ、実際は知らない人もいるんです。
ここをしっかりと見て来なかったのは怠慢でしかなかったな、と正直思いました。これを
「井の中の蛙」
と呼ぶんですよね。きっと

ブランディングという言葉を意識し始める

きっとブランディングってヤツがしっかりできてないからだ!

なんて、ただ漠然と思って、でもブランディングってのがそもそもよく分からずに調べてみたら


ブランディング(英: brandingとは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。 ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。
引用:Wikipedia
 
さすがウィキペディア先生!!
今は分からないことは調べればすぐ出てきます。便利な世の中♪
でも、ブランド構成要素とかあんまり難しい言葉だとよく分からないんで、僕なりにした解釈が

「もっと、分かりやすくしよう!」
「もっと、やさしくなろう!」

合ってるかどうかは分かりませんよ。
ただ、分かりにくいのは良くないな~、って思った。
そこで、一番最初に気になったのがお店の顔に当たる「ロゴ」だったんです。

現在のロゴの問題点

おそらく現在のロゴマークは1983年から使用しているロゴだと思われます。

カタカナで「ミヤコヤ」と書くシンプルなマーク。

これは良いんです!

何が気になるかって、実はいろんなロゴをいたるところで使っているんですよね。

これはきっと分かりにくかったんじゃないかなと思う。

統一感って大事だと思うんです。

そんなロゴたちがこちら。

「ミヤコヤ」というカタカナはロゴのとおりですが、メガネ&補聴器になっていたり、英語表記が登場していたり、

かと思えば、補聴器の文字が無くなり、メガネの「ガ」がメガネの形になっています。

で、今回写真を撮って初めて気づいたんですが、文字のバランスが違うという・・・

自分の店なのに、まるでコピー品のようになっています。

これはちょっと、朝泣きそうでした。。

そして、英語だけのものがあったり、

色まで変わってみたり・・・。

これが全て同じお店の同じ敷地に使われているんですよ。

しかも名前の前に付いている緑色のマークは看板には使われていない、という。

 

チラシやDMには使っているからこの緑のマークが無いのは、きっとお客さんからしたら分かりにくい部分もあっただろうな~、と思ったりします。

細部にこだわる

余談ですが、僕はディズニーランドが好きなんです。

で、あの空間ってなんで心地良いんだろうって考えた時に僕は細部にこだわっているからなんじゃないかな?って思った。

普通にしていれば気にもならない所にまで気を使い、違和感というストレスがない。

 

これは一朝一夕でできることではないかもしれないけれど、この細部にこだわるってことは、僕は大切だと思っています。

 

それを考えた時にゴチャゴチャとしていたのはやさしくなかったな・・・と反省しました。

ロゴを一新します!!

そこで、思い切ってロゴを一新します!!

 

実はホームページを新しくした4年前にもこの話はあったのですが、ホームページ作製でいっぱいいっぱい…笑

全く手をつける事なく自然消滅した案件でした。
そんな中、今年でミヤコヤは88周年。4月15日に米寿を迎えました!
という事もあったりしつつ、一年ほど前から入らせてもらってるわいざんサロンというオンラインサロンで知り合ったデザイニストのよら(水野嘉彦)さんにお願いして新しいロゴを作製していただくことにしたんです♪
どんな方かというと、
面白いと思うものはとりあえず試す。人生のテーマは「好奇心」と「実験」。愛知県出身。大学、大学院の6年間を静岡県沼津市で過ごし、現在は大阪在住のフリーランスWebデザイナー。プロダクトレベルのデザインから社会や人の想いとの関係を設計するデザイニストと名乗って活動しています。使う人のことを考えた優しいデザインが好きです。
 
この優しいデザインっていうのに僕は惹かれました♪
何がどうつながっていくかって、本当に分からないですね!
今まで以上に想いを乗せたロゴの誕生を楽しみにしたいと思います♪