· 

仕事に好きな部分ってありますか?

最近、僕がよく聞く言葉に

 

「好きを仕事にする」

 

というのがあります。すごく理想的な、ワクワクするフレーズですよね♪

僕自身、ここは目指したいな、と思ってどうやったら出来るか?考えながら出来ることはしているつもりではいますが、ちょっと待てよ、と思う所があるので僕なりの捉え方を書き出してみたいと思います。

全ては自分が決めている

語弊が無いように先に伝えておきたいのが、僕は

 

「全てのコトは自分が決めている」

 

と思っています。

 

僕がメガネ屋をしているのも、跡取りとして家業を継ぐために十日町に戻ってきたのも、圧力や強制力があったのは事実ですが、僕自身がその道選んで、決めた事です。

 

そう思わないと、なかなか前に進めないんですよね。

あの人から言われたから、って言ってるうちは自分で考えないんだな、ということに気付いたので、良いことも、悪いことも全て自分で選んだ道だと思うように気をつけています。

全部が全部はまだまだ難しいですけどね…。

 

だから、今の自分には何が出来るのか?どうしたらよくなるのか?ということに思考を巡らせて、悩んで、動いて、改善してをひたすら繰り返している、試行錯誤の日々が今の現状です。

好きを仕事にするってサイコウだと思う件

好きを仕事にするってある意味、理想だと思います。

 

最幸だな、と。

 

僕もそんな仕事がしたいし、その方向に向かいたいと思っています。

めっちゃ楽しそうですよね♪
めっちゃ楽しそうですよね♪

自分のいる場所を見つめ直す

で、僕はこの

 

「好きを仕事にする」

 

っていう、もの凄いワクワクする言葉を聞いたときに夢を見ました。

やっぱり好きな事って言ったら「バーテンダー」とかしたいよね、って。

 

でも、よく考えたんです。今の仕事は好きなコトじゃないのかな?と。

 

で、気付いた・・・メガネ好きじゃん!!

 

とは言え、僕は最初からメガネ好きではなかったんですよ。全くもって興味なし。

それがなんで、今こうなったんだろう、って振り返ってみると。

 

好きなところ面白いところを探していたんだな、って気付きました。

 

好きな事を仕事にする、って考えることは凄くいいことだと思う。

ただ、その前に目の前の事をちゃんと見ることはもっと大切なんじゃないかな、って思うんです。

 

空を見ていると自由に羽ばたく鳥に憧れるかもしれないけど、足元に咲いている花は凄く魅力的でキレイかもしれない、よね♪

 

今、自分の置かれている環境の中にもワクワクする事を見つける。

僕はそれができれば、どんな職業でもできるし、どんな環境でもやっていけるとさえ思っています♪

跡取りとして思う事

僕は跡取りです。たぶん。

で、最近考えるんです。
自分の生活だけじゃなくて、スタッフの生活も守る役目にいずれなる、と。
それを考えた時に自分がしたい事をする事だけが、楽しい事なのか?僕にとっての幸せなのか?
僕の答えはNOだった。
自分だけ楽しいのは、ズルイような気がしたんです。だから最近の課題は
「スタッフを巻き込む」
そう、どうせ楽しい事をするなら、スタッフみんなで楽しい事をしたり、好きな事をした方が笑顔が楽しいんじゃないか?って思った。
あくまで僕の想像の域は出ませんが、スタッフ一人一人の得意な事、好きな事を仕事として振っていく。もちろんしなくてはいけない事に好き嫌いは認めませんが、そうじゃない部分、プラスαの部分はそれでいいんじゃないかな?って思います。
仕事はね、楽しくなくちゃダメだと思うんです。
1日8時間、寝ている時間を除く約半分が仕事という方は多いはず。
そんな仕事がツライってもはや拷問だと思う。
僕が出来ることは、楽しい事を提供する。
ワクワクする仕事を見つけることなんじゃないかなと常々思います。

仕事の中に好きを混ぜる

「好きを仕事にする」

が難しい時は個人的に
「仕事を好きにする」
「仕事に好きを取り入れる」が良いと思う。
というか、最初から自分の好きな事なんて分からないよ、ってのが今まで働いてきた感想です。
好きな事って人との出会いで簡単に変わりますから♪
で、突然ですが、僕は子どものときから工作が好きなんです。
何か物を作るというのが大好き。
それを仕事に取り入れるとどうなるか?というと
「ディスプレイを作る」
ってなるんです。これ、サイコウの仕事ですよ。
道楽か!と思われるかもしれないけど、圧倒的なコスト削減にも繋がります!
自作したディスプレイ♪作っている時はホント楽しかったなぁ~
自作したディスプレイ♪作っている時はホント楽しかったなぁ~
お金ではなく時間を使う。
正直、一分一秒を争うように仕事をしてる人なんてほとんどいないと思います。
だったら急がない好きな仕事を隙間時間で仕上げたらめっちゃ優秀だと思いません?
どんな事でも仕事になる。
ただ、こじつけられる視点があるかどうかなんすよね、たぶん。
そう、だから僕はこれから「えんぴつ彫刻」を仕事にこじつけます!!
えんぴつ彫刻家になるまでの過程、その裏側を見たい方はFacebookグループ

に申請をお待ちしてます♪