· 

十日町に帰ってきてから生まれた一つの夢

修行を終え、十日町に帰ってきて、いろんな方の話を聞く中で一つの「夢」が生まれました。

僕の中ではかなり大きな、でもザックリとしているもの。
ただ、やっぱりコレは何としても達成したいし、何か出来ないか?って日頃から考えることもあります。

僕にとっての大きな夢

僕自身、いろんな夢は持っています。

 

「えんぴつ彫刻の個展を開きたい」
「バーテンダーとしてカクテルを振舞ってみたい」
「一年で映画を50本以上観たい」

などなど、小さい夢から大きい夢まで色々と。
その中でも大きな夢の一つに

「十日町を元気にしたい!」

っていうのがあるんです。
コレは決して今が元気じゃないって言ってるわけじゃないですよ。
何なら田舎町としてはかなり活気のある方だとさえ思ってる。
ただ、僕はやっぱり十日町っていう街が好きだから、ココは目指したい所なんです!
十日町の諏訪様からの景色
十日町の諏訪様からの景色

イベントは本当に地域を元気にするのか?

そこで、考えるワケですね!

どうやったら街が元気になるのかな?って。
そもそも街が元気って何なんだろう?って。
僕個人の考えでしか無いですがイベントで元気になるのって、ちょっと違うような気がしてるんです。

それは持続できないから。

僕は高校時代、器械体操をしていたんですが、2年生の頃には4人いる団体メンバーの一人に選ばれていたんです。
で、先輩の最後の大会で何としても有終の美を飾らせたいと思ってはいたものの、当日かなりの体調不良。たぶん風邪ひいてたんじゃなかったかな。このまま行ったらミスを連発、もしかしたら怪我をするかもしれない、っていう状況だった。
頭悪いなりに何とかしなきゃ!足は引っ張れない!!って、考えるんですよ。そこで出た答えが…

「栄養ドリンクだ!!」

って思って、お昼ご飯を買いにいくタイミングでいろんな栄養ドリンクを5本購入!!
当時は必死だったけど、今考えるとただのアホですよ。15歳以上の成人で1日1本までみたいなことが書いてあるのにね!
で、それを30分おきに飲みまくった結果。事なきは得ましたが、その後の疲労感って言ったらハンパなかった。
ホントにヤバイので、栄養ドリンクは1日1本を強くオススメします!
ホントにヤバイので、栄養ドリンクは1日1本を強くオススメします!
何が言いたいか、というと、イベントで元気になっている間は栄養ドリンクと同じなんじゃないか?って事なんです。

その場では盛り上がって楽しいし、反響だって効果だってある。でも、それに頼りすぎるのは良くないんじゃないかな。
もちろん繰り返し繰り返しイベントをし続ければ持続は出来るかもしれない。でも、それって誰がやるんですか?って話だと思うんですよ。

特に自発的に行うイベントは関わる人たちの消耗が大きすぎると思います。
イベントが悪い、って言ってるわけじゃないですよ!
ただ、疲れるよね、っていう話。

何が地域を元気にするのか?

そこで街を元気に!って考えた時、やっぱり「人」だな、と思うわけです。
街は人が作っているわけですからね!
そんな風に思ったきっかけはコレ。

かの、ネフェリタリ家第12代アラバスタ王国国王 ネフェリタリ・コブラは言いました。

「国とは"人"なのだ」と。
ワンピース「アラバスタ編」にて
ワンピース「アラバスタ編」にて

この言葉を聞いた時、


「あっ、地域も、会社も、結局はみんな人なんだよな」

って素直に思ったんです。
マンガかよ、って思うかもしれないけど「ワンピース」は名作だと思ってます!

だから十日町を元気にするには人を元気にしなくちゃいけない。
人を元気にするにはその人が所属するコミュニティが元気になるのがきっと必要。
その前に自分が元気じゃなきゃ元も子もないんでしょうけどね♪笑

その最小単位は「家族」なんですよね!
ただ、そこは今は変えようがない。自分の家族に関してはもちろん頑張ります!!
そこで行き着いたのが「会社」っていう単位。
これだと商売をさせてもらって少ないながらも従業員がいる今の環境で、頑張ったら何かを動かす事は出来るかもしれないなぁ、とそんな風に思ったんです。
しかも、家族とも直結するんですよね♪

笑顔が一番!

そこまで来て、出た答えは単純明解!!

会社を元気に出来たらいいんだな、と。
じゃあ会社が元気って何だろう??
そう考えた時に出てきた僕なりの答えは
 
「関わる人がみんな笑顔でいれたらいいな」
 
だったんです。
僕の知ってる元気な人たちはみんな笑ってるし、逆に笑ってれば元気になるとも僕は思ってる。
だったら、出来るだけ笑ってもらえる事をしたいな、ってそんな風に思ったのがきっと2、3年前だったと思います。
ちょうど変なチラシを出し始めた頃ですね!笑
食卓に笑いを届けたくて作ったチラシ第1弾
食卓に笑いを届けたくて作ったチラシ第1弾
だから、従業員も、お客さんも、メーカーさんも、配達業者さんも、印刷会社さんも、関わる人達がみんな笑ってたらメチャメチャ楽しいし、ワクワクするなぁ、って思ってるんです。その輪が広げられないかな~、って。

まだまだ僕の器だと本当に小さくて、全部が全部に心配りはできてないと思うけど、いずれ必ず!!っていう想いはずっと持っているし、ここだけはブレたくないなって思います。

最終的に

最終的には、やっぱり安心して楽しく働ける場所を作りたいですよね♪

働く人が仕事って楽しいな、って思える場所を!
これからの未来を作っていく子ども達が、メガネ屋って面白いな、って思える場所を!
でもそれをしようとしたら綺麗事ばかり並べてられないんですよね・・・ぶっちゃけた話。
会社を存続させようとしたら、売上げも必要になってくる。
社員を守っていきたいし、その後ろにいる社員の家族だって守っていきたい。
それは常々思っています。どうしたらいいんだろう?って。
僕の力でできる事なんてたかが知れてます。知れてはいるのは知ってるけど、きっとできる事もあると思う。
いきなり十日町を元気に、なんて言ったってそんなの漠然とし過ぎてて前に進めないけど、自分の目の前の事だったら何とか頑張れるかな?って思うんですよね。
一歩一歩は小さいかも知れないけど、前に進む努力だけはし続けたいと思います!

あっ、選挙に出るつもりはありませんよ。